活動内容

学校生活に困難をもった児童・生徒のためのレジリエンス支援センター

RENKA(れんか)のご案内

 RENKA(れんか)は、他者とのコミュニケーションに困難があったり、集団生活になじめなかったりといった学校生活に困難のある生徒に対して、臨床心理の専門家が「他者とともに生きる力を高めるための支援」(=レジリエンス支援)を行う居場所です。 

 子どもたちの成長・発達にとって、課外活動や学校外で過ごす時間が果たす役割はたいへんに大きく、「学校生活に困難のある生徒に対する学校外での支援」も重要なものとなっています。しかしながら、現状では支援者の人的・時間的限界があり、特別な支援を受けながら課外活動などに参加することには大きな困難があります。本センターは、この状況への補助をしようとするものです。具体的には、特別な支援を必要とする生徒に対して、放課後・週末・長期休暇中の居場所づくりをし、生活能力向上のための訓練を提供します。また、これを通して生徒の自立促進を補助していきます。

 なお、当センターのスタッフは、臨床心理学、発達心理学の専門的な教育を受けた者が中心となります。また、これらのスタッフは、青少年振興機構のボランティアリーダーの資格を取得し、臨床心理士としての理論的知識ばかりでなく、高い実践的技能をも身につけたものに限定されています。具体的な活動は下表の通りです。

活  動

【平 日】

時  間

PM15:00  

個別報告 心理スタッフと面接
全体報告会 心理スタッフのコーディネートのもとで日常生活について話し合う
全体会議 休日に行う自主活動の内容等を検討
全体活動 スタッフが一定の課題を設定し全員で取り組む(例:菜園)
自由時間 各自宿題や遊びなど自由に過ごす

 

【週 末】

時  間

土曜日 AM10:00 

自主活動 平日に決めておいた自主活動の実践をする。(例:スポーツ大会)
個別面接 必要に応じて心理スタッフとの個別面接を行う。

 

【長期休暇】

時  間 2,3日の宿泊をする。(夏休みを予定)
宿泊活動 長期休暇を利用しキャンプ等の宿泊活動を行う。
自主活動 あらかじめ決めておいた自主活動の実践をする。(例:スポーツ大会)

 

※ RENKA(れんか)のご利用は無料です。ただし、特別イベントなどで、実費をご負担いただくことがあります。

ご利用について
 
 ご利用希望の方は、お問い合わせ、あるいは下記よりファックス送信票をご利用いただき、お気軽にお問い合わせください。スタッフよりご連絡させていただきます。

≫お問い合わせフォームはこちら

≫FAX用紙(PDF)はこちら

連絡先

レジリエンス支援センター RENKA(れんか)

TEL 0745-48-9031

FAX 0745-48-9032